過去1年のマッチング数:3,091
登録物件数:6,161
企業会員数:850※2020年01月現在 グループ企業実績含む

スタッフブログ!

緊急事態宣言の 出店 戦略 考える

投稿日:

緊急事態宣言中に 店舗開発 の方がすべきことは何か?

賃料について <商業施設に出店している場合>

一時的にも既存店の賃料を下げたい! そうですね。これはまずできる範囲で進めてください。

施設との賃料交渉をどう進めるか。 特に売上減が見込まれるため その分を補填したい。 通常、路面店舗での賃料交渉は困難であるのと同時に、ディベロッパーもそれぞれ対応が異なります。ご相談には 慎重に対応するこは必要です。

新たな収入源を模索する

新業態を 考えて新たな出店を模索することができないか。 例えば飲食店であれば 食物販専門店を何か検討していく。 もしくはフードコートのような 分かりやすいメニューで出店を模索していく

少ない投資、居抜きで新たな出店戦略を練る

最後に考えることは、新たに居抜き 物件が出てくると想定されます。 これは経営者もしくは店舗開発の方も同様の考えを持っている方も多く、すでに不動産市場は活気出てきているようです。

このような物件に対し、 いかにいい条件で情報を引き出すか、交渉し出店をすることができるかがコロナ後の 成功する出店戦略ではないかと思います

弊社のお客様で 震災後すぐに30店舗以上出店をされた方がいます。 その方は2年後に その店舗が大きな収益源となって 利益貢献につながりました。 震災後は店舗出店なんてする人はいない。 という条件のなかで、社長の決断力の速さで、各店舗は低賃料で出店することができました。そのおかげで 今では年商数十億まで行く企業になってます。

今回のコロナ後では、同じような状況になるかは不明ですが、一つ言えることは相当数居抜きの物件がたくさん出てくるということは 想定されると思います

-スタッフブログ!

執筆者:

関連記事

デパート新聞の連載記事 特別寄稿記事

NY視察2018から見る、百貨店のさらに恐ろしい未来 2020年12月1日 発売のデパート新聞の1ページ記事 昨年2019年、ニューヨーク視察に行った時の取材、調査などをまとめております。 デパートな …

2021年3月9日から14日までフランチャイズショー2021に出展いたします

昨年度、春のフランチャイズショーはコロナによって中止になり 今年初めての出店となります コロナによって大きく変わった出店の考え方ショッピングモールのあり方 消費者行動の変化がおこりました。 今回のフラ …

店舗開発のコンサルタントを使う理由

店舗開発のコンサルタントを使う理由とは 店舗開発に求められるものは、3つあります。 1.物件情報、好立地な情報をいかに集めてくるかの情報力 2.立地判断 物件情報からそこが売れるかどうかの経験力 3. …

ワークマン女子 OPEN

ワークマン女子 コレットマーレ店 1号店からワークマンプラスの店舗開発代行をしてきて、新たな店舗展開となります。 これから更なる出店をするべく、店舗物件を集め始めました。 ワークマンプラス・ワークマン …

元気なテナント動向② セルフエステ業界

元気なテナント 2番 サービス業  最近元気なセルフエステについて 最近弊社にもセルフエステの出店の問い合わせが多くなってきております  セルフエステの最大の強みは 坪数が 大きく …

希望条件登録はこちら